看護師の総合病院の仕事について

看護師の方が多く勤務する職場として多い職場に、総合病院があります。総合病院はその規模の大きさから、様々な良い 点があり、転職先としても安定した人気がある職場です。まずお勧めと言える点は、研修や教育体制がしっかりしている という点です。

特に若い看護師の方は、まだ知識や技術で足りていない部分も多く、学ぶべき事も多くあります。こう した点を補っていくのに、総合病院なら教育体制が整っているため、学びながら仕事をしていく事ができます。

次にお勧めな点は、多岐に渡る診療科があることです。総合病院はその名前の通り 様々な診療科を総合的に扱っているため、それぞれの分野で看護師が仕事ができるというメリットがあります。

幅広く、 色々な分野で仕事をしていく事で経験を積み、そこから専門分野を絞っていくという方は多くいます。こちらも、若い 方は特に、これから道を決めていくのに向いている職場と言えます。

また、総合病院は経験が豊富な看護師の方にも向いている職場です。院外研修なども豊富にありますし、看護師の数が 多いため、将来的には管理職としての仕事をする事もできます。

小さな病院などでは看護師の数も少ないため、大きな ステージの仕事は難しい部分がありますが、総合病院では、こうしたより責任のある仕事や、認定看護師や専門看護師 として、専門スキルをより高めていくという事も行いやすい職場です。

逆にデメリットとしては、残業が多くなりがちという事です。診療科も多く、沢山の患者さんが来院する総合病院は、 どうしてもその仕事の環境も慌ただしくなりがちです。

そのため、残業も多く発生しますし、夜勤もあるため、体力的 には、かなり負担のかかりやすい職場です。若い方はそれでも対応していけますが、落ち着いて働きたい方や、年齢が 高くなってきたと感じる方には、他の職場の方がお勧めとも言えます。自分に合うかどうかをよく確認しましょう。

ページの先頭へ