審査に不安のある方も多いのでは?

消費者金融-キャッシングの審査が甘い・厳しいとは?



キャッシングを申し込むと、審査が行われるわけですが、そこで「できるだけ審査が甘いキャッシング会社に申し込みたい」と考える人もいるはずです。

例えば、年収があまり多くない、他社からの借り入れが多い、自営業であるなど、審査に関して不安がある人は、審査が厳しいところに申し込みをしても受からない可能性が高くなってしまいますよね。

しかし、結論から言ってしまえば甘い審査というものは存在しないと考えたほうがいいです。一般的な貸金業者に比べて審査が甘いという貸金業者があった場合、その審査が甘い貸金業者は審査が厳しい貸金業者に比べて大きなリスクを背負っていることになりますよね。

ただ、どこまでを「安全な人」と線引きするかというのは、各業者によって違いがあるのも事実です。 そのため、貸金業者Aの審査には落ちてしまったものの、次に申し込みをした貸金業者Bの審査には通ったという人もいるのです。
初めての消費者金融が心配な方はコチラ

では、どういった貸金業者であれば審査の基準を引き下げていることが考えられるのかというと、立ち上げたばかりの貸金業者です。

つまり、貸金業を始めてあまり実績を積んでいないところということですね。こう聞くと、「危ないのでは?」と思ってしまうかもしれません。誰もが同じように思うでしょう。だからこそ、審査の基準を下げて実績を増やそうとしている貸金業者が多いのです。

双方にとってある程度のリスクがあると思ったほうがいいかもしれません。しかし、メリットもあります。

審査の厳しい貸金業者に申し込めない人からすれば、借りられる可能性があるというのは大きなメリットですよね。そして、立ちあがたばかりの貸金業者からすれば、実績が増やせるというメリットの他、優良顧客獲得の可能性もあります。
東和銀行

他の会社のキャッシングができない人ならば、やっと作ることができたその会社のカードは大切に扱ってくれるでしょう。新規立ち上げの貸金業者であれば絶対に審査が甘いとは言えませんが、他の審査にどうしても通らない場合は検討してみてはどうでしょうか。

キャッシング比較サイトと比較ポイントについて

キャッシングを行なう際は、どのキャッシング業者を利用するのかをしっかり見極める必要があります。慎重に選択することによって、融資を受けた時にも、返済時にも大きな違いが出てくるからです。

また気をつけたい点としては、大多数の人が良かったというような業者であっても、自分にピッタリ合う業者かというと、そうではないということを理解しておくことです。

自分のライフスタイルに合った使い方ができるか、そしてサービスの恩恵を受けられるか、それはキャッシングサイトをしっかり比較して選択する事が鍵となるでしょう。チェックしていくことは面倒に感じるかもしれませんが、細かく比較して行くことによって、損失や問題が起きてしまうことをことを避けることにもつながります。

キャッシングサービスを展開している業者というのは大変多いです。業者の大きさも色々あり、有名企業から中小企業まで様々です。

とにかく融資までのスピードを追及したい人であれば大手の有名キャッシング企業が向いていますが、自分らしく利用できる企業を探しているのであれば、地域密着型のキャッシング業者が向いているといえます。

勿論メリット、デメリットはそれぞれ存在しますので、どちらがいいかはしっかりと見比べて決定して下さい。

他にもキャッシング業者の比較ポイントは存在します。それは「金利」というポイントです。キャッシング企業というのは、各企業によって設定された金利が異なります。

高い金利設定の企業を活用すれば返済総額は大きくなってしまいますので、できるだけ返済総額を抑えたいのであれば、低い金利設定の業者を選ぶのが鉄則です。ですが一見高金利のキャッシング業者に見える業者も、一定期間は金利ゼロで借入れできるサービスを展開している会社もあります。

キャッシング業者を選ぶ際には、慎重に各社の金利を比べてみましょう。自分の活用の仕方ではどの業者を選択するのが一番損失が少ないかを判断して下さい。

また、返済方法で業者を選択する方法もあります。自分が返済する時に、楽な方法…面倒になったり、忘れてしまったり、損をしないような方法を把握し、キャッシング業者を選ぶ方法です。

うっかり滞納してしまったり、手数料を何度も引かれてしまわないような返済方法を選択できるといいですね。こちらもキャッシング比較サイトを活用し、各企業の返済方法をチェックしてみて下さい。

初めてのキャッシングは比較サイトでチェック

キャッシングを行いたいのは、何も男性や働く女性だけではありません。家計を預かる主婦だって、キャッシングしたい時があるのは特別なことではないのです。お給料日前の突然の出費などもそうでしょう。

旦那さまの貰うお給料だけで工面したいと思っていたとしても、いつも順風満帆に行くとは限りません。家族が突然病気や怪我などのトラブルで病院にお世話になることもあるでしょうし、自然災害に巻き込まれることだってあります。

家の改築などをすることになったら、やはりある程度のお金は必要となりますよね。普通は貯金に余裕がなければすぐに対応する事は難しいですし、実家などに相談できない場合などは、精神的に追い詰められてしまうこともあるでしょう。

この様なときはキャッシングのことを思い出してみてください。計画的に活用すれば、キャッシングは恐いものではありません。但し主婦の方の場合は、貸金業法の総量規制に基づき、旦那さまの同意が必要になります。もしくは、総量規制の範囲外になる銀行キャッシング業者を選ぶ必要があるでしょう。

では、初めてキャッシングをする際に気をつけたいのはどんなことでしょうか。現在日本ではたくさんのキャッシング業者があります。

テレビを付けるとキャッシング関係のCMを見ない日はなく、それだけキャッシングが私たちの身近なサービスになっているということでもありますが、選ぶ側としては取っ掛かりがないと迷ってしまいますよね。

そんな時は自分の目的に一番近いキャッシング会社を選択する事がオススメです。キャッシング業者を比較するサイトがインターネット上にありますので、上手に活用してみましょう。

低金利を売りにしている業者や、スピード融資が叶う業者が初心者の人にはお勧めかもしれません。キャッシング業者を大きく三つに分けると、消費者金融、クレジット系キャッシング、銀行キャッシングに分類できますが、低金利を目的とするのであれば、銀行や銀行系キャッシング業者が向いています。

銀行は何よりも安心して活用できると思いますので、返済が長引くときも心配なく活用できますし、少額の借入れにも使いやすいキャッシングだといえるでしょう。とはいえ、低金利な分、審査のハードルが高く、掛かる時間も長くなってしまいます。

申し込み直後に融資を受けられるケースは稀です。なるべく早く借り入れたい場合は消費者金融がオススメといえます。但し金利は銀行と比べると高く設定されているので気をつけましょう。

キャッシング比較サイトを活用する事で、手軽にキャッシング業者を見比べる事が可能です。金利や審査、サービスの違いなどを人気順に並べていたり、わかりやすく比較していますので、手軽に判断する事が出来ます。一般的に評価の高い会社であれば、信頼性という部分でも安心できるでしょう。

キャッシングと陥りやすい闇

キャッシング初心者の頃は融資を受けるたびに緊張していた、という人は少なくありません。ですがいつしか借り慣れてしまい、気付けば借り入れたお金は限度枠ギリギリだった…このようなケースも多いです。

キャッシングで陥りやすいポイントとしては他にもこのようなリスクがあります。突然の出費に慌ててしまい、複数の業者に借入れの申し込みをしてしまった、というケースです。ぜったいお金が必要だからと滑り止めのつもりで複数の金融機関に申し込んでしまう。気持ちはわかりますが大変リスクが高いです。

上記のような情報は信用情報機関に登録されてしまいます。過剰に申し込みを行ってしまうと、「そんなにお金が必要ということは、貸したお金が返ってこないかもしれない」と、業者側に判断されて、審査に落ちてしまう上に、ブラックリストに入ってしまう可能性もあるのです。となると、どこからもお金を借り入れる事が難しくなってしまいます。

そして何より恐いのが、悪質な業者に狙われてしまうことです。電信柱などによくキャッシング業者の張り紙を見かけることはありませんか?誰でも融資可能、主婦でも即借入れOK!…このようなおいしいキャッシングサービスはありません。

低い金利で借入れできると甘い言葉で誘っておいて、高い紹介料を要求してきたり、ありえないような金利で貸し付けてくるヤミ金も存在しています。万が一ヤミ金などの被害を受けたケースでは、即警察に届けることを考えて下さい。また法律事務無料相談所、いわゆる法テラスに連絡しましょう。

返済しなければいけないお金が増えれば増えるほど、人というのは焦ってしまい、周囲を気にする余裕がゼロになります。返すお金を用立てないと…、そのことで頭がいっぱいになり、法律違反だと知っていてもクレジットカード枠現金化など、違法行為に手を染めてしまいたくなってしまうかもしれません。

ですが1度落ち着いて考えてみて下さい。貸した側の業者も、貸し出したお金が戻ってこなくなるよりは、どんなに時間が必要だったとしても、返してもらいたいと考えるはずです。キャッシング業者に相談してみる事で、未来が切り開けることもあります。

ピンチに陥った時をヤミ金業者は狙っていますので、ぜひ注意して下さい。